植毛のメリット・デメリット

植毛と一言で言っても、自分の毛を移植する「自毛植毛」と人工毛を移植する「人工毛植毛」の2つのパターンが存在します。

ただし、現在その手術の主流となっているのは自毛を使った方法です。これは、自毛を使っている限り拒絶反応や副作用のリスクが少なく生えている髪質に違和感をおぼえることがまずないためです。それゆえに、医療業界全体で自毛を使った植毛が推奨されています。

そんな薄毛の人の悩みを解決する有用な手段である植毛ではありますが、その利用にあたってはデメリットも存在します。たとえば、基本的にその手術は保険適用外になるので費用が高くつく点には注意が必要です。

加えて、移植するグラフト数と施術法によってもその値段は大きく変わってくるため、予算にあった方法を選ぶ必要があります。また、ほかの薄毛の悩みを解決してくれる手段である増毛や育毛より効果を実感できるまでの時間経過が長いです。

その他にも、使える毛の本数に限りがある点も念頭においておく必要があります。

「育毛剤と発毛剤は別物です」のトップへ