髪の毛の性質を決める要因とは

髪の毛は主に2種類の細胞から作られていて、中心部の“芯”と表面部分には「オルト様コルテックス細胞」が、芯を取り囲むように「パラ様コルテックス」により構成されます。

ストレートヘアだとパラ様コルテックス細胞が均一に芯の部分を取り囲んでいますが、この層が左右非対称で厚さに違いがあるとくせ毛となります。人は生まれつきの髪の毛を構成する細胞の分布によって髪質に大きな違いが出ますが、加齢によっても変化する場合があります。

若い間はストレートヘアだったのに、加齢とともにパラ様コルテックス細胞の密度が変化することでくせ毛になるといったケースも見られます。そのため、40代とか50代を過ぎてからくせ毛になるという方も少なくありません。

おすすめ