パーマのやり方を変えるだけで髪のの状態も変わる

ヘアスタイルを変えるために定期的にパーマをかけているけれど、髪がダメージを受けてしまうせいで期待通りのスタイルを作り出せず、頭を抱えている人も珍しくありません。

パーマには複数のやり方があるので、自分の毛の質感に合わせたやり方を見つけるだけでも、ダメージを気にせずにヘアスタイルを変えられる可能性があります。

チオグリコール酸系やシステイン系など還元剤にも複数の種類があり、浸透性の違いもチェックしておきたい点です。頭皮に付着したパーマ液を十分に洗い落とさないまま放置すると、毛穴がダメージを受けて薄毛になることもありえます。

確かな技術を持った美容師にパーマをかけてもらうのが、髪を守りながらヘアスタイルを変えるコツです。

おすすめ